今すぐ連絡する 024-3939-2525 タイムオープン: 9:00 - 21:00 Thứ 2 - Chủ nhật
FAQs

プロスポーツ人にしても、スポーツの練習を始める人にも、競技やトレーニングで怪我をする可能性を回避することは確かに困難です。膝の痛みで良くは会います。しかし、患部の絶え間ない動きによって痛みが悪化する可能性があります。

スポーツ後の膝の痛み
07, 2022 - : 540

1.    原因

  • スポーツするときに靭帯を外傷すると、膝が痛み出る:

膝関節は、前十字靭帯、後十字靭帯、外側靭帯、内側靭帯の4つの靭帯で構成されています。靭帯の機能と強度が膝関節の安定性を左右します。靭帯外傷の治療は、外傷の重症度(通常は靭帯の断裂、伸展)によって異なります。ほとんどの靭帯外傷は、重度ではないにしても、手術なしでうまく治療されます。

  • 軟骨外傷:

膝関節は、膝蓋骨、脛骨、大腿骨の3つの骨で構成されています。これらの骨は靭帯と腱によって一緒にリンクされています。軟骨層は、衝撃の問題を減らし、外部からの不必要な衝突を避けるように設計されています。

  • スポーツをするときの膝の痛みは、軟骨層が外傷を受けることによって引き起こされる可能性があります。このタイプの病変を診断するために、医師はしばしば磁気共鳴画像法(MRI)、関節鏡検査を処方します。軟骨が外傷すると、膝関節のこわばり、ストレッチ時の痛み、腫れなどの動きが制限されます。
  • 過度の運動は、膝の痛みを引き起こす可能性があります:

外傷をしていなくても、スポーツをしているときに膝に痛みを感じる場合は、過度の運動ことが原因である可能性があります。実際、この種の運動は非科学的であり、リスクを伴います。 体が疲れていると、足の動きを制御する能力が間違っている可能性があり、最初の反応が膝の痛みである怪我に簡単につながります。現時点ではエンドルフィン(倦怠感や痛みに機能)のレベルが低いため、スポーツをして初めて痛みに気づきます。

  • 操作を繰り返します:

膝の痛みの原因は、操作を繰り返します運動、繰り返し操作を頻繁に行う,長期的なストレスによって引き起こされる外傷によるものです。操作がどれほど正確であっても、繰り返しの頻度は、筋肉または支持組織の一部を摩耗させる可能性があります。スポーツする時に膝の痛みが出る場合は、筋肉が影響を受ける可能性がありますが、ほとんどの場合、膝の靭帯の挟み込みまたは軟骨の外傷が原因です。

2. スポーツをしているときの膝の痛み:いつ医者に診てもらうか?

  • スポーツをするときに膝の痛みがある場合は、すぐに医師の診察を受けてください:

痛みは、体が不安定な状態にあることを示す信号です。こんなの症状が出る場合は、病院、診療所に行き、医師の診察をしてください。

  • 痛みのある部位の皮膚の色が変わり、炎症やその他の奇妙な症状の兆候が見られます。
  • 歩く、座る、ただ横になるなどの特定の活動を行うと悪化する痛み。
  • 数日間休んだ後も痛みがひどくなる。
    • 診察後、医師が痛みの原因を特定し、最適な治療を施して、すぐに運動に戻ることができるようにします。

3. スポーツをした後に膝が痛み出る時にの方法は?(家で出来る事)

  • 休み:

もし、外傷じゃないの場合は、長時間運動した後に筋肉と膝関節は疲れてるので、一日か二日間くらいに休憩の時間取ってください。

いろんな場合にとっては、そのまま痛みは自動的なくなります。身体によっては、痛みがなくなる時間を比べるのが違います。

  • 冷奴/温める:

膝が痛みが出ると一番簡単な方法が冷やするかまた温めすることです。膝がむくみが出ると、氷がパックに入れて付けて下さい。膝が痛み出るだけの場合は、温めるの方がいい。その以外流を促進し、回復時間を短縮します。

楽々センターで膝の痛みのか出る場合に、治療事ができます。運動した後膝が異常が出るときに、お店にご連絡とご予約して、セラピスト担当から治療計画を作ります。

Categories