今すぐ連絡する 024-3939-2525 タイムオープン: 9:00 - 21:00 Thứ 2 - Chủ nhật
FAQs
妊娠中に装具するの症状
12, 2020 - : 50

1.腰と股関節の痛み:

  • 理由:胎児が大きいくなるときに、妊婦さんの姿勢変わるのことです。腰椎と頸椎が前に出るから、また背中と仙骨も奥に入るので、腰と股関節が痛くなります。
  • 妊婦さんの体重が増える時に、腰と股関節が支えにくいです。特に、背骨の方がキツイくなり。妊娠子機時に、妊婦さんはホルモンが生産するなら、腸骨と仙骨が外するために、骨盤が広くなり、妊婦たちはいつも腰と股関節が痛み感じがあり。

緩和策:

  • 姿勢の注意:就眠するのとき、横に向く。1-2枕に足の真ん中が挟むかお腹の下に入れる感じを腰と股関節が痛くならない。
  • ヨガ、泳ぐ、シャポーする。。。妊婦はリラクすると、痛く感じが取りやすい。
  • 妊婦たちは良くカルシウム食品が食べて下さい。(海、かに、魚、牛乳、卵。。。)
  • マッサージ、足が草木物に漬かり下さい。

2.けいれんなり:

  • 理由は:妊婦さんの体重は足の筋肉圧迫されているから。
  • 至急が大きくなり、足の血管から心臓までに圧迫されているから。
  • 体のみずが不足するのときに、電解がごった返す場合。
  • 妊娠子機時に、カルシウムが足りない場合.

緩和策:

  • ずっと座ったり、立ったりのことは禁止です。太ももから、ふくらはぎ、足の裏、足の指までにマッサージして下さい。
  • 就眠する時に、血液が流れます。
  • 妊娠の改定はカルシウムが補うする事が違う。800-1500mgカルシウム/1日。
  • 水をちゃんと飲んでください。(2-2,5l/1日)
  • お風呂する時に温かい水が使う。けいれんならないように、温かいの水の中にジンジャーとしおにいれてください。

3.治療の仕方が妊婦達の安全:

日本の治療仕方は筋膜が柔らかくするために、痛いの感じは取るとまた薬を飲まないように、治療することです。

RAKU RAKU CENTER
ADD: 53 PHAN KẾ BÍNH KÉO DÀI, CỐNG VỊ, BA ĐÌNH, HÀ NỘI
📞 024 3939 2525

 

 

 


Categories