今すぐ連絡する 024-3939-2525 タイムオープン: 9:00 - 21:00 Thứ 2 - Chủ nhật
FAQs

肩のトレーニングプログラム:

目的:外傷と手術痕後に、トレーニングプログラムは肩関節に運動機能を構成する、生活習慣を戻すため、肩関節のリハビリプログラムです。安全といい結果が取るために、患者は治療専門人に教えてもらってと正しいのトレーニングを取るので、早めに痛み所を治れます。

トレーニングプログラムの時間:4-6習慣くらいになり。

治れた場合にこのトレーニングプログラムがまだやって欲しい、なぜなら健康のため、元気な肩関節をなるためをやった方がいい。一週間は3-5回くらいにやったら大丈夫です。

肩関節炎の周りに患者はのための自宅でいくつの運動
26, 2020 - : 73

トレーニングのやり方:(一つトレーニングは5-10回だけで、自分合わせてやって下さい。)

  1. 上腕の運動:

一番負担かかるの筋肉:三角筋、棘下筋、棘上筋、肩甲下筋。

運動方:

  • 症状が無いの手はてぶるかいすかが持って。症状があるの手にラクするにして。
  • 症状が無いの手は前、後ろ、よこ、周りに円が動いて下さい。

注意:腰までに回らないでください。

2.胸部に腕を組む:

一番負担かかるの筋肉:三角筋

運動方:

  • 症状があるの腕を組んで、症状がないの腕の手は持ってあげて、そのままに引っ張っています。
  • 30秒もって、30秒外して下さい。

注意:肘の関節が引き抜かないでください。

 

3.おくにねじる:

一番負担かかるの筋肉:肩甲下筋

運動方:棒が使う。腰の裏側で症状があるの腕に棒を持って、そのまま症状がないの腕が引っ張って下さい。

  • 症状が無いの腕は棒に最大に引っ張ってけども、肩関節が痛くならないして下さい。
  • 30秒もって、30秒外して下さい。

4.外にねじる:

一番負担かかるの筋肉:棘上筋、そうえんきん。

運動方:棒を持って、療法肘は90°にします。ゆっくりように出来るまでします。30秒に持ってください。

注意:腰をまっすぐ、棒がねじらないでください。

5.横臥姿勢に引っ張る:

一番負担かかるの筋肉:棘上筋、そうえんきん。

運動方:横に向かって、痛い方は下に向く、手を90°します。頭が枕に付けて下さい。痛くない手が痛い手に手伝ってベッドをつめます。痛くならないように、してください。30秒ずっつして、30秒外して。

注意:手首が負担をかからないように。

6.姿勢のローイング:

一番負担かかるの筋肉:斜角筋。

運動方:弾力の紐が使う。かけがねのドアをくくって感じ。(出来れば、ジムの所にやっても大丈夫です。)

  • 弾力の紐から体までに3ステップを関間にする。
  • 痛い手を弾力の紐をもって、体のおくに引っ張って下さい。

注意:運動中は肩をしっかりと支えて下さい。

7.手を90°外転します。

一番負担かかるの筋肉:棘上筋、そうえんきん。

運動方:弾力の紐が使う。肩と体は90°に持つや上腕と前腕は90°をします。それから、ゆっくりを腕に出来るの回る感じをしてください。

注意:腕と肩に並行して下さい。

8.おくに回る:

一番負担かかるの筋肉:大胸筋、棘下筋。

運動方:弾力の紐が使う。

  • 痛いの手が紐を持つ、肘90°、腕が体に詰めてください。
  • 回って、ゆっくり紐が体までに引っ張って、30秒くらいにもって、最小に戻す。

注意:肘が体に詰めて下さい。

9.外に回る:

一番負担かかるの筋肉:棘上筋、そうえんきん、前の三角筋。

運動方:弾力の紐が使う、同じやり方も使う。

弾力の紐がもって、外に引っ張って。30秒を持つ、また外して下さい。

注意:肘が体に詰めて下さい。

10.肘の関節曲げ伸ばし:

一番負担かかるの筋肉:二頭筋。

運動方:たってと座ってどちらもいいです。ダンベルは1-3㎏使って。肘曲げ伸ばして。

注意:ゆっくりして禅話ねじる。

11.肘伸ばします:

一番負担かかるの筋肉:三角筋:

運動方:ダンベルを持って立って、座って、どちらもいいです。手を上に上げて。肘曲げ伸ばしゆっくり後ろに行きます。曲げてまま2秒そして、伸ばします。

注意:お腹に力入れて腰はダンベルにぶつかれないように。

12.双方筋伸ばします:

一番負担かかるの筋肉:僧帽筋、三角筋、棘上筋。

運動方:ベットの上に片方足下剤します。片方手を

ベットに支えて片方ダンベルを持つ、90°ぐらいに上げて3-5秒持つ。

注意:ダンベルを持ってください力入れて下さい。体重が自分の力が合わせて、痛くないように。

13.肩の関節の運動:

一番負担かかるの筋肉:斜角筋の真ん中前鋸筋。

運動方:横臥姿勢痛いの手ベット横に降ろして、ダンベルを持って肩が出来るまで上げてそして、降ろします。

14.肩伸ばします:

一番負担かかるの筋肉:斜角筋の真ん中とした、棘上筋、そうえんきん、三角筋。

運動方:うつ伏しに、痛いの手がベットの横に降ろして、腕がゆっくり上げて出来れば目高さぐらいに上げて、2-5秒もって。

注意:ダンベルは軽くから重くまでします。

15.

15.肩の外が回る、横に向く:

一番負担かかるの筋肉:棘上筋、そうえんきん、三角筋。

運動方:横向けになって、痛い方をします。

  • 上腕は体に詰める。90°ぐらいに上げる。ダンベルを持つ。
  • 前腕、ゆっくり上げて肩関節と手を回します。顔の高さぐらいに上げます。ゆっくり下ろします。

注意:手を上げる時に、腰が上がらないように。

RAKU RAKU CENTER 

ADD :53 Phan Kế Bính Kéo Dài, Cống Vị, Ba Đình , Hà Nội 

Tel: 024 3939 2525 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories