今すぐ連絡する 024-3939-2525 タイムオープン: 9:00 - 21:00 Thứ 2 - Chủ nhật
FAQs

坐骨神経痛の症状、原因、改善することを何でしょうか?
13, 2022 - : 335
  1. 1.       坐骨神経痛って何ですか?

坐骨神経は体内で最大の神経であり、お尻と脚の輸送と感覚を担っています。 坐骨神経は脊柱管にあるため、椎間板ヘルニア、脊椎嵐、脊椎化学溶液、通行腫瘍などのこの分野のブランドはすべて、坐骨神経痛を引き起こす可能性があります.

  1. 坐骨神経痛の症状:
  •  痛みは最も一般的な症状です。 典型的な痛みの症状は、脚の片側または両側の腰から臀部、太もも、すね、およびつま先まで広がる縦方向の痛みです。 動き、長時間座っている、咳、くしゃみをすると痛みが増します。 痛みの強さは、鈍い痛みから鋭く激しい痛みまで、損傷の程度によって異なります。
  • しびれ:坐骨神経の経路に沿ったしびれ。 患者は、灼熱感、かゆみ、灼熱感を経験することがあります。
  • 脱力感と麻痺: 坐骨神経痛の痛みが長引くと、重度の重症度は、影響を受けた脚の筋萎縮と脱力につながります。
  •       軽くの坐骨神経痛の症状はそのまま治れる場合もあります。しかし、痛さが増える時に、正しくの治療方法がしないと、もっともっと酷くになります。他には、スポーツやった後、事故後の外傷した方は医者さんからの治療表管もらった方がいい。
  1. 2.       坐骨神経痛のリスクを高める要因:
  •   年齢:30歳~50歳以上一般的な坐骨神経痛が出てきます。椎間板ヘルニアなったの方にも、坐骨神経痛なりそうです。
  •   体重:体重増加は背骨に圧力をかける可能性があるため、太りすぎの人や妊娠中の女性は椎間板ヘルニアになる可能性が高くなります.
  •   糖尿病: この病気は、血糖値が高すぎると神経に影響を与え、神経損傷のリスクを高めます。
  •   仕事: 腰を使い過ぎの仕事は坐骨神経痛がなりやすい。運転者、オフィスするの方はヘルニアもなるの事が多い。
  1. 3.       坐骨神経痛の合併症:

坐骨神経痛のほとんどの人は完全に回復しますが、治療せずに放置すると、坐骨神経痛は、脚の感覚の喪失、脚の筋肉の衰弱、腸または膀胱機能の喪失などの永久的な神経損傷を引き起こす可能性があります. 

  1. 4.       坐骨神経痛予防対策:

坐骨神経痛を常に予防できるとは限らず、再発する可能性があります。 ただし、これらのことを行うと、痛みを軽減し、坐骨神経痛を改善するのに役立ちます.

  • 運動する事: 股関節の周りの筋肉は固い区ならないように、トレニンーグをした方がいい。またはお腹の筋肉を強くなると腰を痛み感じをほとんど出て来ない。
  • 正しくの座り感じを守る: 座っているときは、アームレストと回転台が付いた、腰をしっかりとサポートするデバイスを選択する必要があります。 背中の生理的曲線を維持するために、枕または丸めたタオルを背中の後ろに置くことができます。 座った姿勢で膝と腰を適切な高さに保ちます。
  • 正しくの立つ姿勢を守る: 長時間立っている場合は、時々椅子や小さな箱に片足を乗せてください。 重いものを持ち上げたり運んだりするときは、背中をまっすぐに保ち、膝だけを曲げます。 重いものを持ち上げると同時に姿勢を変えることは避けてください。

 

 

 

 

Categories